OBSESSION OF PROCESS

 

 6-22 october 2017

 

opening reception from 6pm friday 6 october

Obsession Of Process展は5名の新進コンテンポラリー・ジュエリー作家による作品を通して、彼らのプロセスに対する執念や独自の表現の探求から生まれるテーマを考える展示となります。プロセスを進める過程における様々な着心(物事にとらわれてこだわる心)を考慮し、 完成した作品を通して各作家の根本的な問いを考えます。作家のこだわりとジュエリーに対する考えは何なのか?新しいマテリアルの追求?繰り返される動作? 記憶との対話?哲学的問題への問いかけ?緻密なディテールにまでいたる細心の配慮?伝統 と向き合い新たな表現を生み出す事か?それぞれの作品が美しいのは勿論だが、やはり完成するまでの過程を見るとより深いものがあることがわかる。

 

コンテンポラリー・ジュエリーとはアートとしてジュエリーを創造する1960年代に生まれたムーヴメントであり、日本ではまだ馴染みの薄い分野である。「ジュエリーとは何か」という本質的な意味を問いかけ、ファッションやアクセサリー系のジュエリーと異 なった表現力を示す一つの芸術的手段でもある。コンテンポラリー・ジュエリー界最大の国際コンペ「シュムック」の最高賞であるヘルベルト・ホフマン賞の2017年度受賞者の作品を始め、現在海外で活躍中の新進若手作家の作品を展示し、ジュエリーの新しい捉え方を体験するきっかけを提供します。 (キュレーション:岡元杏那)

the artists

 Sana Khalilサナ・カリル |1985・レバノン|2017年度ヘルベルト・ホフマン賞受賞者

Maria Ignacia Walkerマリア・イグナシア・ウォーカー|1984 ・チリ| @maria_ignacia_walker

Lavinia Rossetti ラビニア・ロゼッティ |1985・イタリア| @laviniarossetti

Castro Smith カストロ・スミス |イギリス| @castrosmith